食物繊維を摂って善玉菌を増やす

腸内の環境が悪くなると、便秘になってしまいます。

便秘は女性が特になりやすい症状だと思います。

便秘で苦しんでいる女性は多いのではないでしょうか。

この便秘を放置しておくと、体には決して良くありません。

便秘とは便が大腸につまってしまっていて体の外に出ていない状態なので、体に良いものでないことは明らかだと思います。

理想的なのは毎日便が出ることです。

しかし、便秘に苦しんでいる方の中には何日も、または1週間近くも便秘が続いてしまってお腹がはってしまっているような方もいらっしゃると思います。

便秘がひどいと便秘薬に頼らなくてはいけない状態になってしまいます。

でも薬ということで抵抗がある方も多いのではないでしょうか。

また、便秘薬を飲んで便を出そうとすると、下痢など不自然な形で便が出ることが多いと思います。

自然な形で便を出すためには、便秘薬に頼るのはおすすめできません。

やはり自然な形で便を出すためには、食べ物や飲み物などから働きかけて便秘を解消するように努力した方が無難だと思います。

便秘になってしまっているのは、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが良くないのが原因です。

善玉菌が悪玉菌より優勢な状態であるのが理想的です。

しかし、悪玉菌の方が優勢だと、腸内環境のバランスが崩れてしまい、便秘という状態になってしまいます。

そのため、善玉菌を増やす必要があるというわけです。

善玉菌を増やすために、食物繊維を摂ることをおすすめします。

食物繊維は、善玉菌のエサとなって、善玉菌を増殖することを促してくれる効果を期待することができます。

食物繊維を多く含む食べ物として、たとえば、おから、しその実、よもぎ、しそ、パセリ、ごぼう、ゆりね、グリンピース、モロヘイヤなどがあります。

ごぼう

このように食物繊維を多く含む食べ物は多く種類がありますので、こういった食物繊維が多く含まれている食べ物を毎日食べるように心がけることをおすすめします。

毎日、何かしらの食物繊維の含まれている物を食べることで、善玉菌のエサにすることができ、善玉菌を増やすことができます。

是非、毎日、食物繊維を摂るように心がけましょう。

善玉菌を増やすためにプレバイオティクスを摂る

便秘は体の不調のサインです。

本来、便は毎日出るはずなのですが、それが大腸につまって体の外に出ないとことになるので、体にとって良いはずがありません。

便秘になることで、体の中に良くないものが溜まってしまったり、肌荒れや吹き出物ができてしまったりと、体に良くない影響を及ぼすことになってしまいます。

便秘は健康のためにも解消する必要があります。

毎日、便が出る正常な状態に戻す必要があります。

便秘になってしまう原因は、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが良くないことがあげられます。

悪玉菌の方が優勢だと、便秘になってしまいます。

そこで、便秘を解消するためには、悪玉菌を減らして、善玉菌を優勢な状態にする必要があるというわけです。

とはいっても、便秘の状態がずっと続いている人にとって、普通の食生活だけをしていても、善玉菌が自然に優勢になるというものではありません。

意図的に善玉菌を増やすように努力していく必要があります。

善玉菌を増やすためには、善玉菌のエサとなるようなものを摂る必要もあります。

善玉菌にエサを与えることで、善玉菌が元気になって活発化して、善玉菌が悪玉菌より優勢になることができます。

腸内環境

善玉菌を増やすためにエサとして、プレバイオティクスを摂るという方法があります。

プレバイオティクスは、主に、前回述べたプロバイオティクスという微生物の働きを助ける物質です。

プレバイオティクスはプロバイオティクスのエサとなるので、善玉菌増やすことができるようになります。

プレバイオティクスは、食道、胃、十二指腸といった上部消化管で分解・吸収されないので、腸内までたどりつくことができます。

プロバイオティクスの栄養となって、善玉菌を増やして、腸内の環境を正常にして、健康の増進に役立つという効果があります。

オリゴ糖や食物繊維がプレバイオリゴ糖や食物繊維がプレバイオティクスとして認められています。

こうしたことからも、プレバイオティクスをプロバイオティクスと一緒に摂ると効果が高まるので、一緒に摂るのがおすすめです。

善玉菌を増やすために、プレバイオティクスを意識して摂るようにしていきましょう。

 

善玉菌を増やす効果のあるプロバイオティクス

便秘はとても辛いですよね。

便秘になってしまうと、中には何日も1週間も便通がないぐらいひどい便秘の症状を抱えている方もいらっしゃるようです。

便秘だと大腸に便がつまっている状態がずっと続くことになるので、お腹がはってしまって、服を着るのもきついようなことも出てきてしまいます。

便秘になると、本来、体内から排出する便が体内に溜まっていることになるので、体内に毒素が溜まってしまうことになってしまいます。

便を出して、体に不要な物を排出するというのが本来の姿ですが、便秘になってしまうと、それができない状態に陥ってしまいます。

便秘になってしまうのは、腸内環境が良くない証拠です。

腸内には、善玉菌と悪玉菌がいて、悪玉菌の方が強いと、腸内環境のバランスが崩れてしまい、便秘になってしまいます。

そのため、便秘を解消するためには、悪玉菌でなく善玉菌を強くする必要があります。

善玉菌を増やすために、プロバイオティクスを摂るのがいいと言われています。

プロバイオティクスは、人体に良い影響を与える微生物のことで、1988年にイギリスのフラー博士によって提唱された微生物です。

プロバイオティクスは、腸内フローラのバランスを改善し、カラダによい作用をもたらしてくれる、生きた微生物です。

プロバイオティクスは、カラダによい菌を増やしてくれ、健康を守ろうとしてくれる効果があります。

プロバイオティクスは、具体的に乳酸菌やビフィズス菌が代表的なものとしてあります。

乳酸菌

プロバイオティクスは、胃酸や胆汁酸などによって消化されないで腸まで届けることができます。

腸内で増殖することもできるので、腸内環境のバランスを改善したり、腸内の腐敗物質を減らしたりする効果を期待することができます。

最近では、このプロバイオティクスが入った商品が開発されていて、スーパーなどの店頭で見かけるようになりました。

プロバイオティクスという言葉は聞き慣れない言葉だと思いますが、プロバイオティクスを含む食べ物や飲み物を積極的に摂るようにして、善玉菌を増やして腸内環境を整えるようにしていきましょう。

 

麹菌が善玉菌に効果がある?

腸内環境が良くないと、便秘になってしまいます。

これは腸内にいる善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてしまうことが原因だと考えられています。

善玉菌と悪玉菌のバランスが良ければ、便秘になる心配は必要ありません。

しかし、バランスが崩れてしまって、悪玉菌の方が増えてしまったり、強くなってしまったりすると、腸内の環境が悪くなってしまいます。

そうなると、いわゆる便秘になってしまいます。

便秘になってしまうと、お腹がはちきれてしまいますよね。

着る服にも影響が出てしまう場合もあります。

また、便秘だとやたらにおならが出やすくなってしまったりもするので、日常生活に支障が出てしまう可能性もあります。

このように、便秘になると、何かと生活に不便を感じてしまいますよね。

そのため、便秘を解消する必要があるというわけです。

便秘を解消するためには、善玉菌を増やす必要があります。

善玉菌を増やすための1つの方法として、麹菌を摂るという方法があります。

麹菌は、菌の体内で作ったタンパク質を菌の体外へと分泌したり、産出したりする機能に優れています。

麹菌は、善玉菌の1つです。

そこで、体に麹菌を積極的に食べ物などで補うことによって、腸内の善玉菌を増やすことが可能となります。

麹菌は、善玉菌のうち、糖化菌と呼ばれています。

この糖化菌は、酸の強い酸性、アルカリ性、タンパク質の変性や熱の影響を受けることないといわれています。

そのため、糖化菌は、安定した状態で腸まで届けることができるというわけです。

日本の食べ物には麹菌が使われているものが多くあります。

麹菌はたとえば、味噌や醤油などの醸造食品に使われています。

発酵食品

そのほかには、清酒や甘酒などにも麹菌は使われて作られています。

味噌や醤油などは毎日の食事の中でよく使われる食品だと思います。

お酒が好きな方も、清酒などを飲むことで麹菌を摂ることができるので、手軽に麹菌を摂ることが可能なのではないでしょうか。

また、麹菌を使った発酵食品も多く販売されていて、こうした発酵食品は健康にも美容にも効果がありますので、是非、麹菌を積極的に摂ることをおすすめします。

善玉菌を増やすためには酵母菌を摂るのがいい?

便秘になると、体が苦しくなってしまいますよね。

便秘が解消されればどんなに体がラクになれることでしょう。

便秘は便が体内にとどまっている状態で、便が大腸に溜まっているような状態です。

便が大腸にとどまっているのであれば、それは体が重いはずです。

体が重いだけでなく、健康にも便秘は影響を与えることになってしまいます。

もちろん良くない影響です。

不調な大腸

便秘になると体に良くない影響を及ぼすということは、体内に毒素が溜まってしまって排出されない状態をいいます。

毒素が体内に溜まってしまうと、体中に良くない影響を及ぼしてしまうということになってしまいます。

そういったことを解消するために、便秘を解消する必要があります。

そもそも便秘になってしまうのは、腸内環境が良くない状態であるということが理由にあります。

腸内には、善玉菌と悪玉菌が常在しています。

この善玉菌と悪玉菌のバランスが悪いと、便秘などになってしまう原因となってしまいます。

悪玉菌の方が優勢である状態であると、便秘になりやすくなってしまいます。

そこで、悪玉菌を減らして、善玉菌を増やして、善玉菌を優位にさせる必要があるというわけです。

善玉菌を増やすための方法として、酵母菌を摂るということがあげられます。

酵母菌は、腸内にいる善玉菌を活発化させる作用があるといわれています。

酵母菌は、それだけでなく、老化の原因となる活性酸素を抑える作用もあるので。アンチエイジングにも効果が期待できます。

便秘と美容と両方に効果があるということで、一石二鳥だと思われます。

また、酵母菌には、免疫力の活性化など、機能面においても注目されている菌です。

そのため、酵母菌は善玉菌に効果があるだけでなく、健康面でも効果があるといえるので、是非、積極的に摂りたい菌だと思います。

酵母菌は、発酵する時に、脂質や糖分、カロリーを分解する働きもありますので、ダイエットをしている方にも効果が期待できます。

そういったことからも、酵母菌は摂っていただきたい菌の1つです。

善玉菌を増やすためにビフィズス菌を摂る

腸内環境が良くないと、便秘などの体の不調が起こってしまいます。

便秘になると、お腹がはってしまったり、おならが出やすくなってしまったり、体が重くて動きにくく感じたりと、何かと不便を強いられることになってしまいます。

便秘の女性

そのため、便秘というものは解消する必要があります。

便秘は体が重くなるだけでなく、お肌など体の他の部分にも不調を起こす原因となってしまいます。

たとえば、お肌に関していえば、お肌が荒れてしまったり、吹き出物ができてしまったりと、お肌に良くないことばかり起こってしまいます。

本来、便が出ることによって、体内にある毒素を排出するという役割があるわけです。

それが便秘になるとうまくいかなくなってしまうことになり、体の中に毒素が溜まってしまうことになってしまいます。

便秘になる原因は、腸内環境が良くないということが考えられます。

腸内環境が良くないとは、腸内には善玉菌と悪玉菌とがいるのですが、悪玉菌の方が優勢になっているような状態のことを示します。

そのため、善玉菌を増やして、善玉菌が優位になるように働きかける必要があります。

善玉菌を増やすための1つの方法として、ビフィズス菌を摂るということがあげられます。

ビフィズス菌は善玉菌の1つです。

ビフィズス菌が含まれているものを食べたり飲んだりすることで、善玉菌を増やすということにつなげることができるというわけです。

ビフィズス菌を大腸に届けることによって、善玉菌を増やすことができます。

そこで、ビフィズス菌が含まれているような飲み物などが販売されていますので、こういったものを積極的に摂るようにしていきましょう。

ただ、こういった行為はただ1回行えばいいというものではありません。

毎日、継続的に続ける必要があります。

毎日ビフィズス菌を摂ることで、次第に便秘が解消されるようになっていくようになります。

便というものは毎日出るのが理想的ですから、便秘にならないようにするためには、ビフィズス菌を摂取するという行為を毎日続ける必要があります。

是非、便秘を解消するために、毎日積極的にビフィズス菌を摂るようにしてください。

善玉菌を増やすのに効果のあるオリゴ糖

便秘だとつらいですよね。

お腹がはっていて、動きにくくなったりしませんか。

便秘は薬もありますが、薬に頼ると不自然な便の出かたをするようになってしまうと思います。

便というより、下痢になってしまう方が多いのではないでしょうか。

なので、便秘を薬に頼らずに、できれば自然な形で便秘を解消できることが理想的だと思います。

便秘を解消するためには、腸内にいる善玉菌を増やすことが必要だといわれています。

腸内には善玉菌と悪玉菌がいて、悪玉菌が多いと、腸内環境がおかしくなってしまって、便秘などの症状が出てしまうというわけです。

そのため、悪玉菌を減らして、善玉菌を増やす必要があります。

健康な大腸

善玉菌を増やすのに効果があると言われているのがオリゴ糖です。

オリゴ糖を摂ると、善玉菌のエサになって、善玉菌が生き生きとなるということがわかっています。

オリゴ糖は糖類の1つで、分子が小さいものを単糖といい、この単糖が3~10個程度くっついたものがオリゴ糖といわれています。

オリゴ糖は砂糖とは違ってこの分子の数が多いので、分解されにくく、善玉菌のいる大腸までオリゴ糖を届けることができるというわけです。

こういったことからもオリゴ糖を積極的に摂ることで、善玉菌がオリゴ糖をエサにして、善玉菌が活発にすることができます。

とはいっても、オリゴ糖には色々な種類があって、どのオリゴ糖を摂ればいいかわからなくて困っている方も多いのではないでしょうか。

オリゴ糖の1つに「はぐくみオリゴ」があります。

今回は、このはぐくみオリゴ 効果をみていきたいと思います。

はぐくみオリゴは高純度で濃密な5種類のオリゴ糖を配合率にも試作を重ねて、特殊製法でブレンドされたオリゴ糖です。

1種類でなく5種類もオリゴ糖が配合されているので、他のオリゴ糖とは比べようもない効果の高いオリゴ糖です。

5種類の黄金バランスのオリゴ糖を体に取り入れることで、体に詰まった老廃物を取り除くことができます。

また、はぐくみオリゴは、赤ちゃんも妊婦の方も使うことができるので安心してお使いいただくことができるオリゴ糖です。

1日たったスプーン1杯を食べ物や飲み物に加えるだけでOKという手軽さもおすすめだと思います。

オリゴ糖を是非、積極的に摂取するようにしてください。

わかめが善玉菌を増やすのに効果がある?

腸内環境を良くするためには、善玉菌を増やすことが必要です。

腸内には、善玉菌と悪玉菌がいて、そのバランスが悪いと、悪玉菌が多くなってしまい、腸内環境が悪くなってしまいます。

腸内環境が悪いと、便秘になってしまいます。

便秘になってしまうと、いろいろと苦しい思いをしますよね。

お腹がはったり、おならが出やすくなったり、何だか常に苦しくて仕方がなかったりしてしまうかと思います。

便秘ということは便を体内に溜めこんでしまっているわけですから、体内に毒素が溜まってしまっている状態であるということもいえると思います。

体内に毒素があると、当然、体に良いわけがありません。

体に何らかの不調のサインが出ることになってしまいます。

そうしたことを防ぐためにも、善玉菌を増やして悪玉菌を減らす必要があります。

では、善玉菌を増やすためにはどうしたらいいのでしょうか。

善玉菌を増やすためには、善玉菌のエサとなるものを体内に取り込むことが必要だといわれています。

善玉菌のエサになるものとは、たとえば、水溶性食物繊維といわれているものがあります。

水溶性食物繊維は、具体的にわかめなどの海藻類やきのこ類、ごぼう、納豆などに含まれています。

わかめ

これらを積極的に食事に取りいれることで、水溶性食物繊維を摂ることが可能になります。

日々の食事にこれらの食べ物を取り入れて、水溶性食物繊維を摂るように心がけましょう。

もっとも、水溶性食物繊維だけ食べていればいいというわけではありません。

以前も書きましたが、乳酸菌も摂る必要があります。

乳酸菌を摂った上で、善玉菌が好んで食べるエサとして、水溶性食物繊維があるということを頭の隅にいれておく必要があります。

善玉菌のエサとなる水溶性食物繊維が含まれている食べ物を食べることで、善玉菌をより活発にすることができ、悪玉菌より善玉菌を優位に立たせることができるようになります。

是非、食事をする時には、この水溶性食物繊維を意識して、水溶性食物繊維が含まれている食品を食べるようにしていきましょう。

発酵食品を食べると善玉菌を増やすことができる?

便秘が体に及ぼす影響が良くないということは誰もが知っていると思います。

便秘になると、体が重くなってしまい、常にお腹がはった状態になってしまいますよね。

何だか苦しい状態が続いてしまい、快適に毎日を過ごすことができなくなると思います。

便が出るのにはそれなりの理由があるわけで、それが体から出ないとなると、体の中に便として出なくてはいけない毒素が溜まってしまうことにもなってしまいます。

体に毒素が溜まってしまうと、体に良くないことは必然的です。

体から毒素を取り除いて、健康的な体作りをする必要があります。

また、便秘は毒素が溜まってしまうだけでなく、美容にも良くない影響を及ぼしてしまいます。

体内に毒素があるということは、当然、お肌など美容面にも良いわけがないというわけです。

この面倒な便秘を解消するためには、腸内環境を良くする必要があります。

腸内には、善玉菌と悪玉菌がいます。

悪玉菌の方が多い状態になってしまうと、便秘などの体の不調が起こってしまいます。

そこで、悪玉菌を減らして、善玉菌を増やすということをしなくてはいけません。

善玉菌を増やすためにはいったいどうしたらよいのでしょうか。

善玉菌を増やす方法として、発酵食品を食べるという方法があります。

発酵食品とは、たとえば、ぬか漬けや納豆、味噌、塩こうじなどがあげられます。

ぬか漬け

いわゆる、日本に昔から伝わる日本ならではの食品を食べると、善玉菌を増やすことができるといわれています。

昔からある食べ物というのはやはり意味があるということですね。

昔ながらの発酵食品を日々の食事に取り入れることで、善玉菌を増やすことができるので、たとえば、食事の時にぬか漬けを加えるなど簡単なことで善玉菌を増やすことができるというわけです。

納豆を毎日食べるという方法もお手軽かもしれませんね。

納豆は値段も安いですし、納豆が苦手という方でなければ、納豆を食事に1品加えるというのは簡単だと思います。

善玉菌を増やすためにも、日々の食事に1品、発酵食品を加えることをおすすめします。

善玉菌を増やすために乳製品が効果的?

便秘だととても苦しいですよね。

お腹ははって、体が重くて動きにくく感じてしまったりしますよね。

お腹がはるだけでなく、便秘だとお肌も荒れたりしてお肌も不調になってしまいます。

便秘は体に良くない影響を及ぼしますので、便秘を解消する必要があります。

便秘を解消するためには、善玉菌を増やすことが必要です。

では、善玉菌を増やすためにはどうしたらよいのでしょうか。

善玉菌を増やすためには、乳製品を食べることが1番効果的だと思われます。

乳製品とは、具体的にヨーグルトであったり、牛乳であったり、チーズであったりと種類はたくさんあると思います。

ヨーグルトなどの乳製品には、ビフィズス菌や乳酸菌が多く含まれています。

ヨーグルト

これらの菌を摂ることで、善玉菌を増やすことができるといわれています。

もっとも、ビフィズス菌や乳酸菌を腸まで届かせないといけません。

腸に届くまでに吸収や消化されてしまっては、意味がなくなってしまいます。

しかし、最近では腸内まで届くビフィズス菌や乳酸菌が開発・改良されています。

そのため、そういったビフィズス菌や乳酸菌を摂ることがより善玉菌を増やすためには効果があるといえるのではないでしょうか。

腸内には善玉菌のほかに、悪玉菌というものもいます。

善玉菌が腸内にいなくて、悪玉菌だらけになってしまうと、腸内環境が悪いという状態になってしまいます。

悪玉菌を減らすためにも、善玉菌を増やす必要があるというわけです。

善玉菌を増やして、悪玉菌より優勢である状態に常にしておくことが腸内環境を良くするためには必要です。

常に善玉菌が多い状態にして、悪玉菌に負けないように腸内を整えるように心がけておきましょう。

さきほどにも述べましたが、善玉菌を摂るためにはヨーグルトを食べるという方法が有効的であり、長続きしやすい方法だと思います。

毎日、朝食にヨーグルトを加えるだけで、善玉菌を増やして腸内環境を整えることができます。

毎日の食べ物にヨーグルトを加えて、常に善玉菌が多い状態にしておきましょう。

便秘になると

体質的に便秘になりやすい人っていると思います。

私もその1人で、1年中便秘に悩まされていて、便秘薬を飲まないといけないぐらいひどい便秘の症状があります。

便秘は放置しておくと、お腹がはってしまい、便が腸に溜まってしまって、いいことは何もありません。

便秘の女性

便秘はお腹がはってしまうだけでなく、お肌にも影響していることをご存じでしょうか。

便秘が原因でお肌が荒れてしまったり、吹き出物ができてしまったりするんです。

なので、便秘は女性にとって天敵といっても過言ではないでしょう。

便秘の人はいかに便秘の症状をなくしていくかを考えていかなければなりません。

便秘の症状がなくなって、お通じが良くなれば、今まで苦痛だったのが嘘みたいに感じるようになるはずです。

とはいえ、私もそうですが、便秘薬を飲むのって抵抗がありませんか?

便秘薬は効きすぎるという方が多いような気がします。

便秘薬を飲むと快便を通り越してしまって、下痢になってしまうといったことはないでしょうか。

下痢になってしまうと、お腹を下しているのと同じですので、決して便秘から解放されて快適になったとは言えませんよね。

なので、便秘薬というものは効きすぎるという方も多いと思うので、本当に困った時にぐらいに考えておいた方が良さそうです。

また、薬に頼るというのも、違う面から見ても、健康面などで不安もあると思います。

そのため、便秘薬に頼らずに、便秘を解消することが望まれると思います。

便秘を解消するためには、腸内環境を良くしなくてはいけません。

腸内環境が良くないから便秘になってしまうのです。

腸内環境を良くするためにはどうしたらいいのか。

ずばり、善玉菌を増やすということをすることです。

腸内には善玉菌と悪玉菌が存在します。

この善玉菌と悪玉菌のバランスで腸内環境が良いものか、または良くないものなのか変わってきてしまうのです。

腸内環境を良いものとするために、善玉菌を増やすということをこれから意識するようにすることをおすすめします。

善玉菌を増やして、辛い便秘からさよならしましょう。